香水に利用されるヒトフェロモンの関連情報

配偶者の選択に関するヒトフェロモン
女性が男性を選択す際に関係するヒトフェロモンについて、とても趣味がある実験があるので、説明しますね。女性がどういう基準で、男性の匂いの好き嫌いを決めてるのかが分かるので、ちょっと分かりにくい部分もあるかもしれませんが、女性への理解は深まると思います。遺伝子の領域に、主要組織適合遺伝子複合体(略してMHC)という長~い名前の領域があります。

このMHCには、大切なタンパク質の遺伝子知識があります。人の場合、一卵性双生児以外は、MHCは、個体間の違いが極めて大きい部分です。ただし、親子や兄弟など、遺伝的に近縁な関係の人同士は、このMHCも似通っています。人は、できるだけ多様な種類のMHC遺伝子を持っていたほうが病気になりません。そのため、女性は、強い子供が欲しければ、できるだけ自分と異なるMHC遺伝子を持ってる異性をパートナーに選んだほうがいいのです。

男性フェロモンと女性フェロモン
最近フェロモンには、男性に働きをするものと女性に働きをするものの2種類が存在していると思われます。そのうち、女性に働きするのが“男性フェロモン化合物「アンドロスタディエノン」”と呼ばれる男性の汗に含まれるもの、そして男性に作用するのが“女性フェロモン化合物「エストラテトラエノール」”と呼ばれる女性の尿から発見されたものです。

ヒトフェロモンの研究によって、例えば“男性フェロモン化合物”を感じ取った女性は、女性ホルモンの分泌が盛んになって自らのフェロモンを活発にすることが分かっています。異性のフェロモンを感じることでリラックス感や安心感が高まり、行動が大胆になったり自らのフェロモンが活発になることから、周囲の好感度がアップするという結果が報告されています。

香水に使用されるフェロモンとは?
フェロモンとは、汗腺などを通して体の外に放出され、生活に不可欠な情報を仲間に伝えるために、言葉の代わりに発せられるものなので、昆虫から魚類・哺乳類などの動物まで広く存在しているものです。主に

性フェロモンー求愛、交尾可能の合図
道しるべフェロモンーエサのある場所を伝える
集合フェロモンー仲間を集めて集団生活
警戒フェロモンー外敵への攻撃、逃避等があります。

このフェロモンは科学的にも解明されています。あの、『たけしの万物創世記』や『特命リサーチ200X』でフェロモン=アンドロスタノール誘導体と紹介してその効果を実証していました。フェロモン物質を男性4人の中で1人だけ使用し、女性10人がこのフェロモンをつけた男性に対して好意を抱くのかどうかの実験が行われ、70%の女性が目隠しをしているにも関わらず、フェロモン物質を使用した男性に好意を抱きました。

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販など豊富な情報

★即効性が高く食事の影響を受け難いED治療薬
レビトラ販売