ヒトフェロモンの由来、その効果を検証

フェロモンは、「におい」として知覚されているのではありません。無意識的に脳にダイレクトに働きかけ、ホルモン分泌が刺激されることによって体が反応するのです。 普段私たちが明らかに意識しているレベルよりもっと深い部分、つまり潜在意識に刺激を与えるものといわれています。

ヒトフェロモンとは、人間から分泌されるフェロモンで、病院などで使われたギブスの石膏に残っている人の皮膚細胞からから抽出された物質のことです。その抽出物から天然のフェロモン分子を人工的に複製して作られている物質です。ヒトフェロモンは、1987年頃にデービッド・バーライナー博士によって発見され、ヒトフェロモンは、学術誌でヒトに対して作用することが科学的に実証されています。

女性が男性を選択す際に関係するヒトフェロモンについて、とても趣味がある実験があるので、説明しますね。女性がどういう基準で、男性の匂いの好き嫌いを決めてるのかが分かるので、ちょっと分かりにくい部分もあるかもしれませんが、女性への理解は深まると思います。遺伝子の領域に、主要組織適合遺伝子複合体(略してMHC)という長~い名前の領域があります。

このMHCには、大切なタンパク質の遺伝子知識があります。人の場合、一卵性双生児以外は、MHCは、個体間の違いが極めて大きい部分です。ただし、親子や兄弟など、遺伝的に近縁な関係の人同士は、このMHCも似通っています。人は、できるだけ多様な種類のMHC遺伝子を持っていたほうが病気になりません。そのため、女性は、強い子供が欲しければ、できるだけ自分と異なるMHC遺伝子を持ってる異性をパートナーに選んだほうがいいのです。

 

★ジェネリック薬の価格と維持時間
レビトラジェネリックの徹底比較