フェロモンを配合する香水タイプの女性用媚薬

女性用媚薬とは、女性に向けて開発された媚薬で、女性の性欲不足、不感症やセックスレスなどの性機能障害を改善する効果があります。形態によって主に飲むタイプ、塗るタイプと香水タイプという三種類の媚薬があります。飲むタイプと塗るタイプの媚薬に比べて、香水タイプの媚薬は便利で体に与える副作用が少ないため、最近、多くの女性に愛用されています。様々な香水タイプの媚薬の中でフェロモンを含んでいるモノが多くあります。

フェロモンは、「におい」として知覚されているのではありません。無意識的に脳にダイレクトに働きかけ、ホルモン分泌が刺激されることによって体が反応するのです。 普段私たちが明らかに意識しているレベルよりもっと深い部分、つまり潜在意識に刺激を与えるものといわれています。ヒトフェロモンの場合、人間は異性のフェロモンを多く感じ取ると、精神的にリラックスする効果があります。すると、心がオープンになり、周りから話しかけられやすい雰囲気を作り出します。結果、異性から好感を持たれ、モテにつながるのです。

これによってフェロモンを含んでいる女性用媚薬は、「フェロモン香水」とも呼ばれます。このタイプの媚薬を使うと、目で視たり耳で聴いたりする刺激と違って、人の嗅覚を刺激して感情に直接作用することができます。日常生活から意中の相手やパートナーに魅力的な自分を演出できます。他には、会社や学校などでも好感度を上げ、人間関係を円滑にする効果も期待することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です