日差しがある時の香水のつけ方

香水やオーデコロンには、普通の化粧品に比べると高い濃度の香料が含まれています。

香水は長時間の直射日光で、紫外線に影響を与えて、肌のかぶれやシミの原因になってしまうそうなんです。

個人差はありますが、好きな香りなのに、シミになったら嫌くなります。

特に夏での対策が必要です。 そして日差しがある時の香水の対処法対策はさまざまあります。

日差しが強くても、香りを楽しむ方法をご紹介させていただきます。

①耳の後ろにつける

耳の後ろは、紫外線の影響も受けにくく、さらに相手にさりげなく香りが伝えできます。

耳の後ろは体温が高まりやすい場所なので、つける部位としても良いポイントです。

個人的にですが、異性が顔を近づけた時にいい匂いがすると、キスする時とかにも、

ぐっと気持ちが高まりますし、良いことづくめな場所だと思います。

②膝の裏につける

耳の後ろ以外にも、膝の裏など紫外線が当たらない場所に香水をつければOKです。

特に膝の裏といった下半身は、優しく香りが漂うのでおすすめです。

③ハンカチに香りをつける

ハンカチに香りをしみこませ、内側のポケットなどに入れておいたほうがいいです。

女性の場合“胸の谷間に香りをつける“時もコットンをブラの中に入れるなど適応できます。

直接肌に触れなければ良いので、そのような工夫をすればOKです。

④クリームやボディスプレーを代用にする

ボディスプレーはあくまで化粧水ですし、肌のダメージを軽減してくれます。

ボディクリームでもいい香りは十分注目されます、他の香りに切り替えてみるのも良さそうです。